CASE
導入事例

構造システム・グループ 様

機能的に満たされていて、なおかつシンプル。
重要なデータを、安全に、確実に届ける。
ITスキル者も認める高いクオリティを、誰でも簡単に。

「構造システム・グループ」は、建築と情報の両分野を専門とした技術者集団です。
建築物の構造設計・耐震診断などのプログラム開発を行う「株式会社構造システム」、意匠設計・計画・環境分野のプログラム開発を扱う「株式会社建築ピボット」、建築物の保全・運用のプログラム開発とソリューション支援を行う「株式会社FMシステム」、そしてIT技術の普及を目指した「株式会社アイティユー」の4社からなります。
建物の設計段階から施工、保全・運用までの様々な建築技術分野において、プログラムの開発と普及事業をワンストップで行っています。

URL:https://www.kozo.co.jp/

構造システム・グループ

『EASY FILE EXPRESS』導入について、構造システム・グループの3名の方にお話を伺いました。

導入のきっかけ

A氏
『EASY FILE EXPRESS』を導入しようと検討を始めたのは3年ほど前です。
B氏
当時はグループ4社が、それぞれ異なったメールプロバイダを利用していましたが、グループとして、同じプロバイダに統一する方針が出されました。しかし、そのプロバイダが大容量の添付ファイルを送信できない問題がありました。
日々の業務では、お客様、取引先、協力会社と様々なデータのやり取りを頻繁にしていますので、これらの業務が滞るおそれがあったのです。
C氏
そこで、情報システムを扱うメンバーを中心に、セキュリティ、容量、アカウント数など、様々な角度から、私たちが使いやすいサービスをいろいろと探しました。『EASY FILE EXPRESS』は、そのうちのひとつです。
石曽根 栄之様
石曽根 栄之様
株式会社 構造システム 取締役

無料体験版を利用して

B氏
まずは無料体験版を使ってみました。『EASY FILE EXPRESS』は、データをアップロードするのもダウンロードするのも、思った以上にスピードが速かったですね。
他の候補と比較しても、使い勝手も良く、初めから好印象を持ちました。
C氏
業務上、不特定多数のお客様からデータをお借りして、そのデータを加工したり、その加工済みのデータを返信したりすることも多いので、セキュリティの高さも、重要な選定ポイントです。
A氏
私たちがお客様とデータをやり取りする時は、そのお客様が使用しているソフトウェアのバージョンアップやモジュール、図面データのやりとりなどです。これらの情報はお客様それぞれ個別の情報であり、機密性が高い情報です。したがって、情報セキュリティに最大限の注意を払うことは、私たちのビジネスでは当然の責務となります。
『EASY FILE EXPRESS』は、セキュリティがしっかりと担保されているのが大きなポイントです。
C氏
このように、業務上の位置づけを考えた時に、たとえ優れたサービスであっても、「無料」のサービスを安易に流用するのは、お客様に対して無責任な様に感じました。
A氏
システム的には非常にシンプルですね。インターフェースの分かりやすさからくる使い勝手の良さも高ポイントでした。
B氏
機能的には充分満たされていて、かつシンプルで使いやすい。それが一番良いと思いました。
C氏
情報システム部門の運用管理者側からの視点だと、アップロードしたデータが、掲載期限が切れると自動的に削除される機能が良いです。不必要なデータがいつまでもサーバに上がったままというのは、やはりセキュリティ上の不安です。この自動削除機能がないサービスだと、管理者が常時チェックしなければなりません。『EASY FILE EXPRESS』は、そのチェック工数が不要です。
A氏
トーテックアメニティさんには、アカウント数の運用幅や、その価格、他にも様々な問合せにスピーディーに対応して頂きました。その営業体制も、サポート体制も信頼できたので、『EASY FILE EXPRESS』の導入決定は早かったですね。

導入後

B氏
導入後もトラブル報告はないです。スムーズに活用できていますので、費用対効果が充分納得いくものになっていると思います。
C氏
スタッフは『EASY FILE EXPRESS』をすぐに理解してくれました。「大容量のファイルを送信する」という基本的な使い方は勿論ですが、それぞれが工夫しながら使っていますね。
A氏
基本以外の使い方例を挙げますね。例えば、お客様にデータを納品する時にCDなどのメディアで納品するのですが、お持ちした先のPC環境の違いでCDが読めないとか、CDそのものが破損してしまった、そんなトラブルが考えられます。
そんなトラブルに対処するため、「バックアップ用に自分宛てに送信しておく」という使い方があります。万が一、トラブルに遭遇した時、インターネットを立ち上げ、自分のアカウントで『EASY FILE EXPRESS』にログイン。CD内の納品データと同じデータをダウンロードして、その場でお客様に納品データを確認頂く、という保険的な使い方です。
B氏
スタッフのほとんどがエンジニアだからか、誰も説明していないのに、自然に定着して、このような保険的な使い方も発生していますね。
C氏
『EASY FILE EXPRESS』利用開始は、情報システム部門からスタッフに、マニュアルとID・パスワードを添付したメールを送っただけでスタートできました。当然、管理者としての導入時の負担はほとんどなかったです。
B氏
『EASY FILE EXPRESS』については、ITスキルの有無は、そんなに問題じゃないと思います。この仕組みであれば誰でもスタートできるし、その便利さがすぐに実感できると思います。自分なりの使い方を工夫していますね。
A氏
誰かが思い付いた便利な使い方を、他のスタッフも真似してどんどん使っています。有益な使い方が組織としていつの間にか共有されている感じです。

建築業界として

B氏
どんな分野も同じだと思いますが、立法や法改正の度に、扱うサービスもソフトウェアもそれに合わせてゆく必要があります。加えて、建築業界は、自らの信頼を根底から覆す様な耐震偽装事件や、阪神・淡路大震災、東日本大震災などの災害もあり、業界全体に対する視線もニーズもどんどんシビアに、そして高くなってきています。
C氏
情報量がますます増大する中で、その処理スピードと安全性は決して無視できません。そうした時代にあって、『EASY FILE EXPRESS』は、もはや私たちに欠かせない存在です。
A氏
「大きなデータを安全に、確実に届けたい」というニーズは、私たちのような建築業界以外でも、どの分野でも存在すると思います。多くの企業で『EASY FILE EXPRESS』は重宝されると思います。

担当者からヒトコト

お取引開始は、担当者様に『EASY FILE EXPRESS無料体験版』をお試し頂き、その使い勝手の良さを実感頂いたことがきっかけでした。
『EASY FILE EXPRESS』は、構造システム・グループ様へ導入後、何度かバージョンアップを行っていますが、それもお客様の利便性、安全性の向上のためです。
「大きなデータを安全に、確実に届けたい」という構造システム・グループ様のご要望に、更に高次元でお応え出来る様に取り組んでいきます。

無料体験版
申込みは
こちら