ホーム >機能・特長 > 【オプション】サンドボックス型マルウェア検知機能

【オプション】サンドボックス型マルウェア検知機能

特定の企業などを狙う標的型サイバー攻撃では、企業の公開情報やSNS投稿情報などから取引関係などを調べた上で、特定の人物や組織を装った「なりすましメール」で偽装し、添付ファイルを送りつけて侵入する為、どんなに注意・警戒をしていたとしても100%見分けることが難しく、知らず知らずのうちにマルウェアに感染してしまいます。
2015年6月に発覚した日本年金機構の情報流出事件も「Emdivi」と呼ばれる新種のマルウェアである事が報道されており、標的型サイバー攻撃への対策が危急の課題となっています。
そうした課題を解決するのが、サンドボックス型マルウェア検知機能です。
この機能により「EASY FILE EXPRESS」でアップロードされたファイルを、受信者が受け取る前に「FFR yarai analyzer」で解析し、怪しい添付ファイルを含む場合は受信者に対してはファイルを公開せず、安全性が高いと思われるファイルのみを公開することが可能となります。
また、フィルタリングシステムや、パターンマッチングでは検知・防御できない未知のマルウェアにも対抗できます。

「サンドボックス型マルウェア検知システムファイル送受信」イメージ図

イメージ図

※同連携は、パッケージ版にてオンプレミス構築も可能です。

  • 大容量のファイル送信サービス無料体験版
  • 大容量のファイル送信サービスへの問い合わせと見積り依頼
  • 大容量のファイル送信サービスの資料請求

このページの先頭へ